TOP MASSAGE/代表取締役 石井守の思想

時代の流れに寄り添い生き抜く為のイシイズム

30年前始めた寿司屋から現在のドリームサークルの物語は始まりました。
この期間に世の中の様々な出来事が国民や個人事業主、または多数の企業に影響を与え私もその都度、難しい経営判断を迫られました。
時代背景を鋭く観察し、時流に合ったものを産み出さなければと もがき苦しんだ末に誕生したのが

【SAKANA CUISINE RYO】でした。

SAKANA CUISINE RYO

今も昔も、企業が永く存在するためには不変のコンセプトをしっかり持ち時の変化を読み取ることが大事だと思います。
私は常々、魚に特化した人々に望まれる飲食業態の具現化が夢でした。
特に上質な素材を基に低価格で提供し、10人が10人旨い!!と唸る店作りの完成を目指してきました。原材料からプロデュース出来るよう自社調達を実現し、

SAKANA CUISINE RYO

現在では【SAKANA connection】という

活魚直売 兼 加工場まで発展させました。
これから先は船を買い、
自社出漁まで視野に入れています。

今では、RYO以外にも3店舗展開しており、更なる飛躍を遂げる準備を怠らぬよう店舗運営における4つの柱を肝に銘じるよう自分は勿論、若い社員にも訴えています。

店舗運営における4つの柱

当たり前のような4柱がなかなかバランスよくかみ合わないものです。
全てに共通していることは利益を気持ちよくお客様に還元しようという精神がイノベートされた4つの柱を発信し続けられるのだと実感しています。
ドリームサークルはチャレンジし続ける企業でありたいと思います。

株式会社ドリームサークル
代表取締役 石井 守

« Dreamcircle corporate web site Top CONCEPT TOP MASSAGE RECRUIT CORPORATE PROFILE INOVATOR・COLLABORATOR COMMUNITY プライバシーポリシー サイトマップ Copyright (C) 2014 DreamCircle All Rights Reserved.